個人輸入を利用してバイアグラを購入するポイント

インターネットの普及により、今ではさまざまなものを通販で購入ことができます。いつ、どこにいても注文することができるので、便利なことから通販サイトを日頃から利用している方も多いのではないでしょうか。

ED治療薬のバイアグラは、一般的には病院で処方される医薬品ですが、個人輸入することで、病院に行かなくても購入することができます。また、個人輸入といっても、海外商品を現地まで行って購入する訳ではなく、通販する方法があります。

しかし、あまり個人輸入という言葉に馴染みがない方にとっては「個人輸入とはどのようなものなのだろう」「自分もできるだろうか?」と感じる方もいるでしょう。そこで、今回はバイアグラに関する個人輸入について紹介していきます。

個人輸入ってなに?

個人輸入とは、海外製品を個人で使用する目的として、海外の通信販売業者・メーカーなどから直接購入することを指します。

つまり、個人輸入の通販とは、海外製品を販売業者のサイトやメーカーのサイトに直接アクセスし、そこから注文することです。

ただ、「バイアグラは医薬品なので海外から輸入して問題ないの?」と思われる方もいるかもしれません。でも、その心配は不要です。

個人輸入で禁止または規制されている医薬品は大きく分けて「医療用麻薬」「医療用向精神薬」の2種類です。

バイアグラは、この禁止医薬品に該当しないため、バイアグラを海外から輸入することは問題ないといえるでしょう。

参照:厚生労働省│医薬品等の個人輸入について

バイアグラはもともと、アメリカのファイザー社が製造・販売している海外医薬品です。そのため、「メーカーのファイザー社から購入する」もしくは、「世界的にさまざまな販売業者がバイアグラを取り扱っているので、その販売業者のサイトから購入する」ことができます。ただ、個人で海外輸入を行うのはとても不便で難しいです。なぜなら、英語のサイトからバイアグラを取り扱っている海外の販売業者を探さないといけませんし、海外業者と直接の取引になるので「商品詳細の問い合わせ」「注文した商品の誤発送」「届いたときの破損」などトラブルがあるときに自力で解決しなければいけないからです。

このように、個人輸入は自分で行うと手間がかかることがあるので、おすすめはできません。海外からバイアグラを購入したいという方は、個人輸入代行サービスを利用しましょう。

海外製品を購入するなら個人輸入代行サービスを利用しよう

個人輸入代行サービスとは、個人輸入を代行してサービスを行っている業者のことを指します。この個人輸入代行サービスを利用すれば、海外のサイトを探すことも、英語など海外の言葉を話せなくても、代わりに商品を取り寄せて、届けてもらうことができるのです。

ただ個人輸入代行サービスを運営している会社は、国内と国外のそれぞれにありますが、バイアグラを海外から取り寄せる場合は、国外の個人輸入の通販サイトを利用することになります。なぜなら、国内の個人輸入代行業者では医薬品を販売できる許可がないからです。あくまで海外からの直接発送でないと、医薬品は通販で購入することができません。

国外の個人輸入の通販サイトであっても、もちろん日本語対応しているので、一般的なサイトと同様に注文を進めることができます。

知っておきたい個人輸入代行サービスのリスク

個人輸入代行サービスは、国内と海外の業者がそれぞれ存在しています。そして、バイアグラを購入する場合は、海外業者を利用することになります。

ED治療を目的とするバイアグラの購入は、とてもデリケートな問題のため「誰にもバレずたくないので通販を使いたい」という方が多く、その悩みにつけ込み悪質なサイトがあることが特徴です。実際に、ED治療薬の個人輸入代行サービスでは、偽物品が多く出まわっているとされています。下記は、偽造医薬品四社合同調査結果よりファイザー社が公表しているバイアグラの個人輸入の正規品と偽造品の割合です。

参照:ファイザー社│危険!バイアグラの個人輸入

このことから個人輸入代行サービスで、バイアグラを購入するときは、悪質なサイトに騙されず、正規品を入手することが大切です。そのため、安全な個人輸入の知識を身につけることが重要といえるでしょう。

安全な個人輸入代行サービスを選ぶ3つのポイント

個人輸入代行サービスでを利用してバイアグラを購入する場合、安全なサイトを見分けることができるようになるのが大切です。

そこで、ここでは安全なサイト運営をしてる通販サイトの3つのポイントを紹介していきます。

違和感のあるサイトには注意する

バイアグラを通販するときは海外業者の個人輸入代行サービスを利用します。

悪質なサイトには、翻訳ツールを利用したような不自然な日本語が使われていることもあります。違和感があるのですぐに見て判断できるでしょう。

このように日本語の記載に注意をして、おかしいサイトを見つけたら、利用を控えるようにしてください。

会社情報が記載されているか確認する

通信販売では、特定商取引法という法律があり、「事業者の氏名」「住所」「電話番号」などの記載が義務付けられています。

この法律は、国内に適用されるものではありますが、海外業者であっても国内向けに運営されているなら、正しく明記しなければなりません。

この会社情報は、会社概要や特定商取引法などに記載されています。購入する前に、しっかりと明記されているか、これらを確認するようにしましょう、

鑑定書または証明書の公開を確認する

通販サイトでは、その医薬品は正しいものであるか判断するのが大変困難です。

そのため、正規品を取り扱う通販サイトでは、成分鑑定書や証明書などをサイト内で公開しています。

この証明書は適切な運営をしている通販サイトでないと公開することができないので、商品購入の際は、併せて確認するようにしましょう。

まとめ

バイアグラを通販を利用して購入する際は、海外業者の個人輸入代行サービスを利用しなければなりません。中には、悪質なサイトもあるため、利用するサイトは安全であるかどうかはとても重要です。

しかし、どのようなサイトが良いか判断が難しいという方もいるでしょう。そこで、通販便では、ED治療薬専門の通販サイト「お悩み宅急便」をおすすめしています。バイアグラを通販で購入したいと思われている方は、ぜひ利用してくださいね。