バイアグラジェネリックの比較!商品紹介とメリット・デメリット

現在、バイアグラのジェネリック医薬品は国内の商品から海外の商品まで数多くの種類が販売されています。そのため、どの商品を選べば良いか分からない方もいるでしょう。

それぞれに、特徴がありますので自分に合った商品を選ぶことが大切です。

今回は、バイアグラのジェネリック医薬品を比較して紹介していきます。

国内のバイアグラジェネリック比較

バイアグラのジェネリック薬品は、国内でもさまざまな商品が販売されています。その中でも、代表的な2つの商品を挙げて紹介していきます。

シルデナフィルVI「トーワ」

シルデナフィルVI「トーワ」は 東和薬品が製造・販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同じ主成分が使われています。

商品名のVIは、先発薬であるバイアグラ(VIAGRA)の頭文字を意味しており、「トーワ」は発売元の東和製薬の略から、この商品名がつけられています。

シルデナフィルVI「トーワ」の特徴は、

  • 水なしで飲めるOD錠
  • 味が付いている

この2点が挙げられます。

味は、コーヒー風味とレモン風味の2種類があります。 

サイズは、50mgのみの販売ですが、錠剤の中央に浅い線)が入っていて、半分の25mgで飲みたい場合にも指で簡単に割れるよう工夫されています。

シルデナフィルVI「FCI」

シルデナフィルVI「FCI」は、 富士化学が製造・販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同じ主成分が使われています。

商品名のVIは、先発薬であるバイアグラ(VIAGRA)の頭文字を意味しており、「FCI」は発売元の富士化学工業の略から、この商品名がつけられています。

シルデナフィルVI「FCI」の特徴は、

  • バイアグラと似た形状
  • 25mgと50mg

この2点が挙げられます。

このことから、普段からバイアグラを使い慣れている方にも安心感のある錠剤となっており、25mgがあることで少量からでも服用することができます。

海外バイアグラジェネリック比較

バイアグラのジェネリック薬品は、世界的にさまざまな商品が販売されています。その中でも、代表的な2つの商品を挙げて紹介していきます。

カマグラ

カマグラは、インドのアジャンタファーマ社が製造・販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同じ主成分シルデナフィルが使われており、サイズは、50mgと100mgの2種類があります。

また、カマグラという商品は、錠剤タイプだけではなく、

  • ED治療と早漏防止の治療に効果がある「スーパーカマグラ」
  • ゼリー状で水なしで飲める「カマグラオーラルゼリー」
  • 舐めたり噛んだりして水なしで飲める「カマグラPOLO・カマグラチュアブル」
  • 水に溶かして飲む「カマグラ発泡錠」

などの種類が豊富であることが特徴です。

そのため、自分に合った商品を選んで服用することができるでしょう。

 ゼネグラ

ゼネグラはインドのアムケム社が製造・販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラと同じ主成分シルデナフィルが使われており、サイズは、100mgの1種類のみです。

また、タイプは錠剤のみとなっていますが、形状がバイアグラととても似ているので、普段からバイアグラを服用している人にとっては飲む安いことが特徴です。

ただ、1錠が100mgなので、そのまま服用すると、1回の服用量が多くなってしまいます。そのため、半分にカットしてから服用するようにしましょう。

国内と海外のバイアグラジェネリックはどちらがおすすめ?

ここでは、国内と海外のバイアグラはどちらを選べばよいのかメリットとデメリットについて解説していきます。

国内バイアグラジェネリックのメリット・デメリット

国内で製造販売されているシルデナフィルVI「トーワ」やシルデナフィルVI「FCI」などのバイアグラのジェネリック医薬品は、病院で処方してもらうことができます。

これらの商品を取り扱っている病院で診察を受けて、ジェネリック医薬品を処方して欲しいと伝えることで買うことが可能です。

メリットは、医師の診察をもとに入手できるので、安心して購入するできるとこが挙げられます。

ただ、もちろん病院での処方なので「人に相談するのが恥ずかしい」「忙しくて病院に行く時間が取れない」という方には購入しづらいことがデメリットといえるでしょう。

海外バイアグラジェネリックのメリット・デメリット

海外で製造販売されているカマグラやゼネグラなどのバイアグラのジェネリック医薬品は、通販サイトを利用することで購入することができます。

メリットとしては、病院に行かないでも入手できるので、診察費がかかりません。また、国内バイアグラジェネリックと比較をすると、海外ジェネリック医薬品の方が安い傾向にあるので、お得に買うことが可能です。

ただ、インターネットの通販は良いサイト悪いサイトがあるので、信頼できる通販サイトを自分で探す必要があるのがデメリットといえるでしょう。

まとめ

バイアグラのジェネリック医薬品は、国内・海外ともにさまざな商品が販売されています。

ジェネリック医薬品は新薬のバイアグラに比べて、安いことが特徴。そのため、できるだけ安くバイアグラを飲みたいという方がたくさんいるでしょう。

このことから、バイアグラのジェネリック医薬品を検討されている方は、海外のジェネリック医薬品を選ぶと良いでしょう。

ただ、どのような通販サイトを利用すればいいか分からない方もいるでしょう。そこで、通販便では、ED治療薬専門の個人輸入通販サイト「お悩み宅急便」をおすすめしています。

カマグラやゼネグラはもちろん、さまざまなバイアグラの海外ジェネリック医薬品が販売されているので、自分に合った商品を購入することができるでしょう。