バイアグラで死にたくないなら絶対に見てほしい!死亡事例やよくある質問まとめ

ED治療の際にメリットの多い治療薬として知られるバイアグラですが、気を付けて服用しなければ思わぬリスクが生じかねません。

正しい飲み方をしていれば基本的には安全な薬ではあるのですが、体質によっては副作用が生じ、死亡に至るケースも見当たりました。

この記事では、命に関わるようなリスクを避けるためのポイントや安全な利用方法について紹介していきます。

ED男性の救世主!バイアグラ(ED治療薬)利用者が増加中!?

バイアグラは、有効成分・シルデナフィルを用いたED治療薬です。

飲んで30分ほどで効果が生じ、比較的扱いやすいため世界中で愛用されてきました。

勃起力を向上させる効果がある薬で、性交渉にコンプレックスがある場合には、自信を取り戻すために役立ってくれます。

 

現在の日本では、高齢化に加え精神的ストレスの深刻化などで男性力が失われつつあり、EDを経験する方が急増しています。

そのためバイアグラなどのED治療薬の人気が加速しつつあり、需要も大きく伸びているわけです。

バイアグラで死亡する可能性はある?

バイアグラでは確かに死亡例があり、ネットでは極めて危険な薬と言うデマも見当たりますが、注意事項を確認して用法を守れば重大な副作用は少ない薬といえます。

よくある副作用としては体の火照りや紅潮が見られるのが一般的です。

過去においては色々な良くない噂が囁かれたこともあるものの、医学的には因果関係が否定されたものも少なくはありません。

 

因果関係があると考えられたケースは、心疾患で強い薬を使っていた事例が有名です。

医学的には併用は危険なのですが、発売当初は理想的なED治療薬として急激に利用が広まり、理解がないまま、正しくない使い方をする人が多かったのです。

結果、日本でも過去に残念な事故が発生していますが、処方箋に基づいて利用するなど適切な利用が進んだ結果、近年は死亡事故の報告は見当たらなくなってきました。

バイアグラ関連の死亡事例

ここからは、バイアグラ関係で実際に死亡した事例について、詳しく見ていくことにしましょう。

どのような利用の仕方で亡くなったのかを確認しておけば、不幸な事故を防ぐためにも役立つはずです。

事例1:硝酸薬とバイアグラを併用したことによる急激な血圧の低下

日本で2000年あたりに良くあった事例が、輸入バイアグラを使って性行為に及んだ男性が、心停止して死亡した事例です。

報告は数件あり、バイアグラとの因果関係はあると考えられおり、突然死と言う衝撃的なものでしたが、調査するとある原因がわかってきました。

それが、死亡者が心臓に病気があり、硝酸薬として有名なニトログリセリンなどを利用していたというものです。

硝酸薬は狭心症を治療する薬で、強い血管拡張作用があります。バイアグラにも同じ作用があるので、どちらも使ったため相乗効果で急激に血圧が低下し、死に至ったという原因が濃厚になったのです。

事例2:バイアグラの過剰摂取による心臓発作

こちらは2009年におきた海外の事例ですが、バイアグラを大量摂取して死亡したとの報告があります。

この例では、長時間にわたって性行為を楽しもうと考え、無謀なチャレンジをしたのが原因のようです。

バイアグラは実は、元々心臓病の治療薬と開発されており、血圧を低下させる効果があります。

これを大量に摂取すれば、当然ですが心臓に強い負担がかかり、最悪の場合には落命するのは想像に難くありません。

事例3:妊娠中のバイアグラ服用で新生児が死亡

こちらも海外の事例ですが、妊娠中の女性にバイアグラを与えて、新生児が死亡したことがあります。

ある医療機関が治療研究の目的で妊娠中の女性に投与した所、新生児の肺に重篤な影響を与えてしまい、新生児が死に至る結果となりました。

したがって妊娠中の女性は間違っても、服用しないように気を付けてください。

ネット上では女性にバイアグラを使う記事も見当たりますが、今のところ明確な根拠はないので、こちらも要注意でしょう。

バイアグラで死亡しないための服用方法

バイアグラを初めとしたED治療薬による死亡リスクには高くはないものの、誤った服用により死亡する可能性があるため、用法はしっかりと守りたいもの。

ここからは、不慮の事故を防ぐために気を付けたい、正しい服用方法について見ていくことにしましょう。

バイアグラは1日1回で服用後は丸一日(24時間)空ける

バイアグラは効果が消えても体に成分が残っていたり、内臓への負担も消えてない為、連続使用は危険です。

1度服用したら24時間以上のインターバルを空けないと、死に至る可能性が高まります。

なお、服用しても効果がでないからといって、追加で飲むのも危険。

空腹時に利用し、脂肪分が多い食事は避けると効果がでやすいので、摂取量を増やすより飲み方を工夫しましょう。

また、この薬は摂取後1時間程度で、効果がピークになります。飲むタイミングを間違えた場合には、追加で摂取しても危険なだけですから、正しい容量を守りましょう。

併用禁忌薬や食べ物の飲み合わせに注意する。

心疾患などの持病があり、硝酸剤や塩酸アミオダロン製剤を服用している場合、併用禁止となっているためバイアグラを服用できません。

具体的には説明書やWEBサイトに、併用禁止薬のリストがあるのでチェックしておきましょう。

また、飲食物ではグレープフルーツなどの柑橘類も要注意です。

フラノクマリンが小腸にある「CYP3A4」と言う酵素の働きを抑制し、結果的に副作用が強く出やすくなります。

さらにアルコールに関しても飲み過ぎると副作用が強まったり、効果が抑制されてしまうため控えたほう賢明です。

心臓や視覚など異常な副作用を感じたら医師に相談する

バイアグラには血管拡張作用があるので、火照りや紅潮といった軽度な副作用は多くの方が経験するでしょう。

ただ、場合によってはもう少し重めの副作用がでる場合もあるので、気を付けましょう。

特に視覚に異常が生じたり心臓の具合が悪くなった場合には、慎重に考え無理に性行為を続けずに、医師への相談も検討することが大切です。

なお、勃起が4時間以上続く場合も、医療機関での診察を受けた方が良いでしょう。

バイアグラに関するよくあるQ&A

ここからはバイアグラを使う際に、よくある質問とその答えを見ていくことにします。

気になるポイントや疑問で多く見当たるものを集めていますので、ぜひチェックしておきましょう。

バイアグラで失明するってホント?

実際失明するケースは考えられますが、その可能性はかなり低いといえます。

考えられる原因としては、非動脈炎性前部虚血性視神経症と呼ばれる病気が挙げられます。

数時間から数日かけて視力が低下するなどの違和感が生じ、場合によっては失明する可能性もあります。

しかしこの病気の発生率は、およそ50万人に1人とも言われており、そのうちの一部が失明に至る程度です。

バイアグラを使っても、しっかりと用法容量に気を付けて、24時間インターバルもきちんと守れば、ほとんど失明する可能性はないでしょう。

違和感を感じたらすぐに使用をやめ、医師に相談することが大事です。

バイアグラ服用後に過度な運動をしてもいい?

バイアグラを服用した際には、過度な運動をしなければ問題はないでしょう。

運動に関しては特に制限はなく、マラソンや高山で行うスポーツなどには好影響が期待されているほどです。

ただし、体調がすぐれない時や身体に異常を感じた時は要注意です。

性行為も基本的には運動であり心臓に負担がかかるため、バイアグラを服用した際には過度な運動やスポーツなど、無理はしないように気を付けましょう。

バイアグラって通販で購入しても大丈夫?

輸入すると偽造品の心配がありますが、老舗や大手業者なら正規品を扱うノウハウがあるので信頼性は高めです。

第三者機関の承認を得ているような、信頼性のあるサイトを使いましょう。

ネットの場合は価格も安いですし、医者や周囲に知られずに済むなど、さまざまなメリットがあります。

安心してバイアグラを購入するなら「お悩み宅急便」がおすすめ

今回はバイアグラと死亡の関係性についてまとめてきました。

正規品でも下手な使い方をすると危ないのですから、偽造品の使用は絶対に避けたいものです。

そこで安心できる業者選びが大切なのですが、中でも「お悩み宅急便」はおすすめ通販サイトの1つに挙げられます。

正規品100%保証が嬉しいポイントで、第三者機関のチェックも受けており、信頼感があります。

 

また、このサイトは愛用者も多く、多数の口コミをリサーチに活用できるのでED治療薬選びにも活用できます。

さらに、ED治療薬の種類別に服用の注意点や効果的な飲み方などをわかりやすく掲載しているのが特徴です。

そのため、カマグラやスーパーPフォースといったジェネリックED治療薬を利用してみたい方にもおすすめなED治療薬通販サイトといえます。

 

お悩み宅急便公式サイトはこちら